毎日が夏休み

私の頭の中へようこそ、なんでも書いてます。

気づいたら

もしかして7月がもうすぐ終わってしまうのでは、

と思ってカレンダーを見たら
もしかしなくてもあと6日で終わることに気づいた。

 

f:id:imdays:20170725151819j:plain

 

編入後の単位変換も春学期の単位も無事に来たので、
とりあえず一安心ではあるけれど、

 

私の夏休みは7月初旬から始まっていて、
もう夏休みが1ヶ月終わってしまったというのに、
この1ヶ月は声の調子が悪くて、自分の思うように行動できなかったことが本当に悔やまれる。

 

今までの人生でワースト3に入るくらいに最悪な1ヶ月だった気がする。
来月は自分の誕生日なのでこの地獄みたいな体調を一刻も早く脱して、充実した夏を過ごそうと思う。

 

 

この1ヶ月で思ったことは、「人を雑に扱わない」ことの大切さ。

 

自分が雑に扱われた場合だけではなくて、自分が相手を雑に扱ってしまった場合も含めて、もはや話し合いでの解決が不可能なようであれば縁を切ってしまったほうがお互いのためなんだろうなと最近思う。

 

今年の春から初夏にかけては、
今までの人生の中ではありえないくらいの多くの人と
関わった期間になったのではないかと思う。

 

それを経ての「人を雑に扱わない」という行動指針は
今後も出来る限り貫いていきたいと思う。

 

「誰かに雑に扱われたという経験は人生に深みを与え、その人を成熟させる」という解釈もあるけれど、その解釈は「成功のためには辛く苦しい努力の積み重ねが必要」という社会的風潮の反映でしかないと思う。

 

傷つかなければ人として成長できないのか
苦しみながら努力しないと成功できないのか
傷ついて、苦しむことを経ないと幸せになってはいけないのか

 

決してそんなことはないと私は思う
幸せもそのための努力も楽しんで得る方法はきっとどこかに存在している。

 

 

傷つかないことは無理かもしれないし
傷つけてしまうことをなくすのは難しい

 

でも傷つくことや苦しむことは美德でもなんでもなくて
ただの「傷」でただの「苦しみ」だ。

それ以上でもそれ以下でもない。

 

傷や苦しみを直接受け止められるほど私たちは強くないから、
きっと意味を与えたり、必要な経験だったとか色々な言い訳をぺたぺたと貼り付けてしまうのだと思う。

 

そんな自己防衛を否定する気はない。
だからと言って共感するつもりもないけれど。

 

とにかく

今年の夏が多くの人にとって最高に幸せな夏になればいいなと思うよ。