毎日が夏休み

私の頭の中へようこそ、なんでも書いてます。

前向きな姿勢

こんにちは、お久しぶりです。

GWが終わったなーと思っていたら5月も終わっていました。

おかしい、どういうことなんだ。

f:id:imdays:20170604075623j:plain

 

編入する前は

3年生という人間関係が既にいい感じに

形成されてしまっている環境に飛び込むことへ

若干の恐怖を抱いていたのですが、

 

案外飛び込んでみたらみんなの優しさに助けられて

なんとか生きながらえている毎日です。

 

正直なところ、

なんでわざわざ優しくしてくれるんだろうか、

本当は迷惑に感じているけれど言い出せないだけなのではなかろうか

そんな優しくしてもらう価値なんて私にはないからやめてくれ

という感情に苛まれることも多々あるのですが、、

 

とりあえず周りの優しさにおんぶにだっこの状態を続けていこうかと思います。

 

 

 

毎日いろいろなことがあって、

書くことはたくさんあるのですが 

 

おそらくその出来事が起こった瞬間、瞬間に

書いていかないと、感覚が薄れてしまって

書けなくなるので継続して書いていくことはやっぱり重要なんだなあ。

 

 

 

今回は、最近会った人物から受けた言葉ついて

どうしても物申し上げたく更新してしまった次第です。

 

「あなたって、いつもネガティブだよね」

という発言に反論させてほしいと思うんですね。

 

私は自分のことをネガティブだと感じたことが

今までの人生で一度もなかったので、

むしろあり得ないくらいにポジティブだと思っている

 

この発言というか、

相手の私に対する認識に驚愕しました。

 

この発言を受けたときには、

『この人は誰の話をしているのだろうか』

とキョトンとしてしまったのですが、

 

よくよく考えると、

物事を発信する場において私は99.7%の確率で

後ろ向きなことしか話さないので、

 

そういった認識を受けてしまったのかなあ、

という結論に至りました。

 

 

「自分はなんてダメなやつなんだ!」と思ったり、話したりするのは

自分に否定的だったり、消極的だったりするからではなく

 

無駄に高すぎる自己評価に自分が追いついていない状況に

対して苛立っているわけなので、

 

だいたいにおいてネガティブに見える人間は

自分に否定的で消極的なわけではなく

自意識ライジング系なのかなあ、と(暴論)

 

そうすると

自分のことをやたら謙遜したり、卑下したりする人間は

自意識過剰かつ自信過多という結論が導き出されたので、

 

今後はネガティブな発言を控えていこうと思います。

 

人と話してばかりは良くないけれど、

たまに話すことは自分を見直すいい機会になりますね。

感謝だなあ。

 

また書きます。